モンブラン ボールペン、モンブラン 万年筆

最高級で名高い「モンブラン」が1位に! ビジネスシーン・仕事で使う回数も 多い傾向のあるボールペン。 傾向としては、万年筆で有名なブランドが高級ボールペンでも話題になるわけですが 50代男性に来月名入れ高級モンブラン ボールペンをプレゼントする予定!相手は社長様で特徴としては ・50代後半、ガタイが良く、手が大きい!・地元では何社も経営!資産家さん! ・ブランドに詳しくお洒落!・一流の物しか身につけない!等です。ですが贈り物として無理をすると喜んでくれないのが目に見えています。お金では買えない心のこもった物のほうが喜びます(演出では限界がある為たまに贈り物をしてます。 50代後半で何社も経営してる資産家の社長、ブランドに詳しくお洒落で一流の物しか身につけない人物ならモンブラン ボールペンだってもう結構なもの持ってるでしょ。 クロスのペンが一流かと言われたら、んー、まぁ有名だよね。ってぐらい。OEMで作ってるハイブランドのモンブラン ボールペンよりはいいかもしれないけど、送る相手がそのような人物なら第一にボールペンは選ばない。しかもクラシックセンチュリーって手帳につけて使うのにちょうどいいね!って細さだから手の大きな人には書きにくい。 ペリカンだって正直モンブラン ボールペンもらったら、万年筆じゃなくてボールペンなの?って思う人がいるぐらい万年筆ブランドとして一般的になってるし。 「使い易さ」をどう考えるかがポイントになります。 単に、筆記にガンガン使って便利…というのなら、モンブランより国産の多機能ペンの方が便利です。 やはり、モンブランを買うからには、ステータスを感じさせる物で、人前や如何なる場所で使っても恥ずかしくなく、長年に亘って使用できる…その様なペンではないかと考えます。 モンブラン ボールペンは、基本的にはリフィルが同じなので、単なる書き味自体は変わりません。 書き疲れに影響する重量バランスや大きさ、長期的に使用できる飽きの来ない外観などを考えた時、お勧めは以下の商品です。 1.スターウォーカー「ミッドナイトブラック」No.105657 2.スターウォーカー「ブラックレジン&プラチナ」No.08486 3.マイスターシュトゥック「レグラン(P161)」No.02866 4.マイスターシュトゥック「クラシック(P164)」No.07569 モンブラン 万年筆が好きでかなりの種類を使うが、これが一番書き味がいい。手が小さい僕にはこちらがちょうどいいです。ほとんどの紙にそこそこの書き味を示すという点では抜群のポテンシャルを秘めております。 モンブランを褒め称えた記憶はないのですが。 まあ、重厚なデザインですし、 誰に見られても恥ずかしくはないのは事実。 一般には「太軸・硬質な書き味」のイメージが強いけれども、 もちろんそうではないものもある。 とはいえ、モンブランにこだわらなくても、 デュポンの新しめのモデルなんて とても洒落ているし、 日本製だって負けてはいない。 パイロットの2万円程度の品でも じゅうぶんに立派です。 私も普段づかいはパイロットカスタムです。 柔らかい書き味で人気の高い エラボーだって2万円台ですね。 若い人向けなら、国産の1万円以下のモデルでも、 高級感があって書き易いものが 探せばあるはずですよ。 モンブラン ボールペンは、大人になった証にかってもらったものです。初めての高級なものでした。使い勝手もよくって、芯がなくなったら、替え心を購入して使っていましたね。その替え芯が高いんですね。なんで、ずっと使っていくには、お金のない時にはかえないっていうこともあり、そのままの状態になったままっていうこともありました。それでもやっぱり、学生のころに愛用した、思い出深いものです。ちょっとはお金の自由もきくようになったけど、高価なものっていうのは、あんまりみにつけることができなかったです。その時にもっていた、唯一高価なものだったので、大事にはしていたんですが、時とともにどっかにいってしまいました。でもそれがどんな形をしているかっていうのは覚えています。懐かしい青春の思い出が、このモンブラン ボールペンにはあるなって思います。 モンブラン 万年筆は、確かに良いとは思いますけれど、あまり履歴書に書くのは向いていないような・・・ それよりはむしろ、パイロットかプラチナのモンブラン 万年筆を勧めます。 たとえばパイロットのカスタム74、取り回しがしやすくて、日本字を書くのに向いています。 プラチナモンブラン 万年筆の#3776も同様です。 それのEFとか極細が履歴書には宜しいでしょう。 モンブランの場合、国産モンブラン 万年筆より少し太めの字しか書けません。 これは、日本語の文字は漢字とカタカナ、ひらがなとあって、特に漢字は短い線と直角に曲がる等を繰り返す、非常に複雑な文字です。 英語はアルファベットであり、流れるように書き、それほど細かいところにこだわりません。 マイスターシュテュックはドイツ語で「傑作」という意味を表します。まさに、モンブラン 万年筆の大様に相応しい逸品。